読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14歳からの哲学

こんばんは。今回は予告通り、哲学関係の話をしていきます。


とはいえ、僕は哲学についての知識が全くありません。興味はありますが、、、


この前、近くの本屋さんに行ったら、池田晶子さんの『14歳の君へ どう考え生きるべきか』という本を見つけました。


タイトルからして、この本のターゲットは中学生だと思われます。


しかし、この本が置かれていたのは高齢の方が見るような、「思想」の列にありました。


こんなところ、中学生は来ないだろうと思いつつ、しばらく立ち読み。


内容が素晴らしいと思ったので、購入して、家でじっくり読み返しました。


この本は14歳に向けて書かれたのかもしれませんが、全年齢の人が読むべき本だなと思いました。


最近読んだ本の中でも、特に印象に残っています。


哲学本という小難しい本ではなく、中学生向けに書かれたため、文章は柔らかく、大変読みやすかったです。


友愛や個性、お金の話など、人生経験の浅い僕らの、幾つかの悩みを解決してくれるような気がして、この本を読んで、人生が変わったと言う人がいてもおかしくないと思います。


僕は現在、学生ですが、社会人になる前に読めて良かったです。


そして将来、もし子どもができて、その子が悩んでいる時、この本をお勧めしたいです。